しばられていませんか?

 ジュンク堂で立ち読みする日々が続いたが、ついに本を購入したので、うしろめたさが消えて気持ちに余裕ができた。出版社のPR誌というものがあって、無料でもらえる。その棚にも手が伸びた。

 

 思文閣出版という出版社で出している「鴨東通信」というPR誌を手にしたら、本の紹介の惹句にどきっとした。「あなたもしばられていませんか?」。もちろんSMの本ではない。国際日本文化研究センターの「人文諸科学の科学史的研究の成果」という本、「学問をしばるもの」の惹句だった。

 

 その前の何行かでこの本の概略を記しているのだが、なるほどと思った。

 ----時局による言論の制約、マルクス主義の流行、はたまた所属学会への配慮や、恩師・先輩への気遣いなど煩わしい人間関係……。

 ----人文学の研究者たちも、知らず知らずに社会のさまざまなものに拘束されている。そんな学者たちの息苦しさの歴史を、科学史的に明らかにしようと企画された----

 

 そして最後に「あなたもしばられていませんか?」なのである。こっちは人文学の学者でもないし、学者の人はそういう制約も覚悟でその道に入ったんじゃないの?と我ながら冷ややかな目で見たが、PR誌の本編の冒頭に、この本を中心となって執筆・編纂した井上章一氏(国際日本文化研究センター教授)のインタビューが載っていて、実に率直明快な氏の意見に引き込まれた。

 

 井上氏は以前から一筋縄ではいかない思想家だと思っていたが、それは頑固だとかそういうのではない。実に柔軟な考え方をするからである。それで、氏は工学部建築科から「文転」して京大人文研の日本部にいった人だが、実に学問というのは制約があるという。

 

 たとえば考古学と文献学では同じ事象でも考え方が違う。というよりその学問の考え方でいかないと世渡りできないという。マルクス主義然り。そんな中で、氏の若い頃の著作「霊柩車の誕生」についてふれ、建築学科に来ていたスイス人が霊柩車を見て「あれは何だ。あんなものは、いろんな国を廻ってきたけど、見たことない」と驚いたエピソードがきっかけと明かす。面白い。

 

 美術史、文学、その他さまざまな人文諸科学で、さまざまな制約がある、それっておかしいんじゃないの? とケツをまくり啖呵を切っている。科学的論理的実証的に。本は2500円でこの種のものとしてはそんな高い方じゃないが、エッセンスただでもらっちゃったって感じ。いいなあ出版社のPR誌は。

 

 何も学問の、学者の世界ばかりではない。思考、感覚……あなたもしばられていませんか? 自分もしばられている? 本当は時代とかもっと大きなところでしばられているとすれば、そこをどう超えるかが大事な、おいしいところだと思いたいが、現実は実に下世話なものにしばられているのでは?

 

 「Do away with people flowing my mind!」とはジェファーソンエアプレーンの曲の一節。さあ、縄をほどこう。ってヒッピーかフラワーチルドレンみたいって青臭いといわれるかな。


分からないもの

 産経の正論をネットで見た。筑波大大学院の古田博司教授の文章だ。最初の方の韓国の文化に関する論は、ま、そんなものかな程度に読み流していた。後半から、気になる言葉が出てきて、じっくり読んだ。

 

 ----真剣に考えた末、30年後に、ハイデッガーの言葉を使えば急に「到来」し「時熟」したのである。

 ----到来したら、自分が勉強した思考経験や現地で体験した知覚経験から、自分の体内時間を「今」のカーソルのようにして、記憶から次々とコマを切り出していく。

 ----そしてならべて因果のストーリーを形成する。これが「超越」だ。なぜそうするか。人間は因果関係のストーリーなしには世界を認識できないからである。

 ----人間の体内時計はベルクソンにならって「持続」というが、これには明らかに流れがある。フィルムのコマみたいに現実を写し取って記憶の方に送り込んでいく。だから因果のストーリーがないとダダモレになってしまうのだ。地図なしに世界中を運転するようなものである。----

 

 この中で「人間は因果関係のストーリーなしには世界を認識できない」の言葉に、考えさせられた。それは物語ということではないか。果たして、本当にそれでいいのか。でもやっぱりそうなのか。

 

 次に筆者は「すごいことを言っている」という羽生善治氏の言葉を引用する。「分かっていることに対する答えや予測は、どう考えてもAIの方が得意です。残されている『分からないもの』に対して何をするのか、が問われる。それは若い人たちだけにかぎらないと思います」。

 

 そして筆者は「大学ではそれが今問われている」という。「うちの大学などでは、文系の人文社会科学はもう、のけもの扱いである。なぜなら知識を教えることしかしてこなかったからだ。そんなものはもうネットで簡単に手に入る」とおっしゃる。今風の女性風に反応すれば「おお!」というぐらいな断言だ。

 

 で、ほかの物理学、化学、工学、農学、生物学などは元気で、それは「全部実験という、知識以前の『分からないもの』を扱っていて、医学、体育、芸術、看護学、コーチングなどはみな体得の科目で、『分からないこと』を考える余地がある」という。

 

 そうですかねえ? どうだろ。「因果関係のストーリー」のところには食いついたんだけど、「分からないこと」については、疑問を感じる。人文系科目の「のけもの」については、実態はそうかもしれないけど、それでいいのかな。というか「分からないこと」について考えるのが結局人文系でも目的だと思っていたから。ま、人文系といっても幅が広く、一概には言えないということだけど。筆者が挙げていた「分からないもの」を扱う理系の科目ほど、「知識」のような気がするけど。

 

 結局、どんなジャンルでも「知識」と「分からないこと」があるんじゃないかということを、私は言いたいです。

 

 それにしても羽生善治氏の言葉は、その通りであり、現代ではそれが出発点のような気もします。


素敵なメモリー

 なつかしの洋楽ヒットで、ジョニー・ソマーズの「素敵なメモリー」を聴いていたら、思い当たった。人間は過去をすべて、一つ一つ、記憶にしてしまうことができる。「素敵なメモリー」も「悲しい思い出」もあるだろう。

 

 だが実体験が残っているのではなく、記憶にしてしまっているのだから、何ということはないのだ。過去は、ない。ただ記憶があるだけ。これは人間の、生き延びるための、非常に都合のいい、一つの大きな能力ではないだろうか。

 

 実際の過去が今に残っていたら、生きていられないだろう。辛い、という意味でなく、物理的に。誰かの文章にあったが、地球は今現在の重みしか乗せて回っていない。過去の堆積した重みなどはない。

 

 地球は月という衛星があったおかげで重力などが絶妙に調整され、それで人間などという生物ができたのだという。古来、月を重んじてきた日本は、それをわかっていたのかもしれない。

 

 長寿の人は食生活がどうだ云々以前に、長寿の遺伝子を持っているという説もあった。でもそれだけでもないと思う。リズム、流れというか自然、地球、宇宙のリズムに乗って生きている人は長生きしそうな気がする。あるいはありもしない過去にとらわれないで生きている人。「素敵なメモリー」のノリで生きている人。「ワンモアタイム!」


現実未満の夢

 最近の若い、あるいは比較的若い世代の作家による小説、漫画、アニメ、映画などの作品で、時間や時空を超えた、あるいは生まれ変わりなどを題材、シチュエーションにしたものが多い気がする。

 

 すべてではないが、一部作品に接してみて思った。どうも迫力がない。というか腰が引けている。現実と戦ったり、超えたりするのでなく、単なる現実逃避じゃないの?って具合。男の方が恋愛や結婚で泣いたり、女性にアタックできない昨今の状況とパラレルのような感じだ。

 

 今の50〜60代の作家あたりまでは、この種の作品に取り組むエネルギーが違った。現実から逃げているのでなく、まさしく「現実」と戦い、超える必死の試み、格闘があった。この場合の現実とは生活とか社会とかじゃなく。世界、現世、宇宙だ。

 

 「哲学的」とか「SF的」とかの書評の言葉にひかれて、ある本を読んだけれど、主人公やストーリー全体がただの意気地なしだった。最大限の到達点が世の中の現実という未成熟な物語。だまされた。金返せ。

 

 ブルーハーツの歌のように、シュールな夢を見たい。


BABYMETALと空海

 BABYMETALはフォックスゴッド。となれば、当然稲荷信仰を思い起こす。伏見稲荷、豊川稲荷などが有名だが、実に全国津々浦々にあるといっていい。日本の神社で一番多いのは八幡社で、全体の半分の4万社。2番目は稲荷社の3万社という。

 

 面白い話がある。伏見稲荷大社と空海の関係だ。天長四年(827)淳和天皇が病気になり、占いの結果、稲荷神社の木を伐った祟りだという。木は空海が東寺を建てるためだった。空海は淳和天皇の兄、嵯峨上皇の信任が厚く、稲荷社も従わざるを得なかったのだろう。淳和天皇は遣いを稲荷社に遣わして病気の快癒を祈ったが、亡くなった。

 

 本来なら祟りは空海か嵯峨上皇にかかるのではないか。空海が呪いの力で勝ったのか。いずれにしろ兄弟の勢力争いに嵯峨上皇が勝ち、政権を子孫に独占させた。稲荷社には高い神階が与えられたという。そして真言密教の本山の東寺とも深い関係を持つに至った。

 

 さて面白いのはここからだ。真言密教の荼枳尼(だきに)天はインドでは大母神カーリーの使いで、夜に墓場に集まり、肉を食らい酒を飲み楽曲を奏で、踊りを踊り、性的放蕩の限りを尽くす鬼霊という。

 

 それが日本に来ると狐と結び付き、天女が狐に乗った姿で表された。日本的に変化したものが稲荷社ということだろう。荼枳尼天の修法をなすものは人の死期を知り、その心臓を取って食うという。食えばあらゆる願望が達せられるという。

 

 稲荷社と密教が結び付き、病気の人に乗り移った狐の霊を加持祈祷で取り払うこととなった。この信仰は真言宗だけでなく、曹洞宗などにも及んでいるという。

 

 明治に神仏混交が行われたが、要するに平安時代にもうやっちゃってる。はしりというわけ。

 

 「性的放蕩の限りを尽くす」ってのは勘弁してほしいが、BABYMETALはまさに21世紀の荼枳尼天! 墓場ではないがホール、アリーナに夜出現。「楽曲を奏で、踊りを踊り」信者を癒し、救う。哀れな男どもは狂喜乱舞し、苦しい現世をひととき忘れ、フォックスゴッドにひれ伏す。空海もびっくり。

 

 


政治は虚構

 政治とはフィクションだ。国内政治も国際政治も。参議院選挙や英国のEU離脱などをみてつくづくそう思う。世の中の現実はある。行政はある。でも政治は虚構。キャンベルの弁舌なんかみてるとつくづくそう思う。

 

 ついでに言えば「現実」もフィクションだ。「現実」という言葉になった時点で。そんなフィクションの政治、現実をフィクションであるマスコミが報道するのだから、信じられるわけがない。もうテレビのニュースを見るのはやめよう。


宇宙の田舎

 空に雲が出て、流れる。日が差してくる。あるいは雨が降ってくる。

 何の不思議もない、当たり前のことのようで。

 でも、ふと思う。遠い宇宙のどこかの星、そこの住人がもしも地球を見た場合、何て変な星、現象、光景なんだろうって思うかも。極めて特殊なのかも。

 でもどこか底では、宇宙のどことも共通な原理は働いているのだろうか。

 でもやっぱり地球、人間って、へんてこな存在なのかもしれない。

 宇宙の田舎、ローカル。

清酒の極み

 日本酒で今来てる!のは、亀吉と豊盃だ。どちらも青森県津軽地方の酒。亀吉は黒石市、豊盃は弘前市。一部高い品種もあり、またプレミアがついているのもあるが、一般的に普通の値段でいいのがのめる。例えば「特別」がつかない純米酒でいい。

 両方にいえるのはバランスと個性。極端や偏ったところがなく、それでいて特徴を持っている。料理を選ばない。強い味のでも、あっさり淡泊でもいける。おだやかで懐が深く、でも底にシンが通っている。

 安い酒でもいいのがある。菊正宗の樽酒、イオン系で720ミリリットル、700円ぐらいで売っている。辛口の代名詞、菊正。で、樽の香りがする。これは淡麗辛口。淡麗でいいのは少ないが、この淡麗は筋が通っている。意外にこってりした料理に合う。吉田類的にいえば、さらりと流してくれる。

 逆に濃醇という触れ込みがついたのが「米の極」。安売りの店で一升1300円ちょっと、たまに1000円ちょっとでセールしている。これはこんな値段とは思えない、いい飲み口だ。まさに米の極。これも強い味の料理に負けないし、あっさりのでも合う。冷やもいいが、熱燗が特にいい。おいしい上品なおでんとかで。純米酒のバズーカ砲だ。

 ゲスの極みは、米の極を見習ってほしい。ゲスの極みとか世界の終わりとかワルぶったり否定的なバンド名を標榜するのは未熟の表れ。ニーチェを読みなさい。「然り!」。

 吉田健一氏が昔銀座にあった「はせ川」で菊正宗の樽を飲んでいた話をどこかに書いていた。あっ、こういう時は「菊正宗の樽」じゃなく「菊正の樽」といわなきゃ。突き出しのかわりに澄まし汁が出る(私も体験)。

 灘や伏見の大メーカーの酒もあなどれない。けっこういいのを、リーズナブルな値段で出している。地酒は好きだが、地酒ブームは嫌いだ。飲み屋で高く取る手段になっている。

 でも豊盃、亀吉はいい。本物だ。

「泣き相撲」は大嫌い

 ニュースでまたどこかの「泣き相撲」をやっていた。土俵の上で、赤ちゃん二人に、どっちが大泣きするか競わせるものである。各地でこうした風習があるようで、休日のニュースでよく放映される。

 私はこの「泣き相撲」が嫌いだ。赤ちゃんだって人権がある。赤ちゃんだって覚えている。赤ちゃんにとって「泣く」とは意思、感情の表れであり言語である。それを大人が作為的にやらせ、面白がって見ている。いやだ。

 ある小説の中で(風野真知雄さん?)、なまはげを批判していた。子供は小さくてもよく覚えているもので、あの恐怖はトラウマになりかねないというのだ。しかも大人はそれを見て笑って、酒を飲んだりしている。不謹慎だ。子供にも人権がある。

 それで思ったが、高校野球や甲子園も同じだ。少年を舞台に立たせ、戦わせて大人が面白がっている。客から金を取って興行しているのだ。こんな不謹慎なこと、あるだろうか。

 たかが野球、スポーツじゃないかといわれるかもしれない。でも子供たちは真剣だ。やるかやられるか、殺るか殺られるかなのだ。高校生、教育といったものに一番不似合いな興行というものがまかり通っている。

 プロ野球選手で野球賭博をやる大バカよりも、ホントは偽善的なところでたちが悪いかもしれない。

はたち越え

 11日成人の日の朝日「折々のことば」に次の言葉が紹介されていた。

 ----ぼくは二十歳だった。それがひとの一生でいちばん美しい年齢だなどとだれにも言わせまい。----

 カーッ! 来たー! キザー!

 というかなつかしくある時代が思い出されて胸キュン(死語?)だ。

 ポール・ニザンの小説「アデン アラビア」の一節。冒頭だったか。1960年代だったか。ま、担当してる鷲田清一氏も多かれ少なかれこの辺りの電気にびりびりしたんだろう。

 今あらためてこの言葉を読み返すと、反語的逆説的表現だが、結局は二十歳はいちばん美しいと言ってるわけで、背中ザワザワ。でもこうした表現がかっこよかった時代がなつかしくて。

 でもカラフルな紋付き着て成人式に出る今の若者にはわからないだろう。ひとの一生でいちばんバカな年齢だ。

 ポール・ニザンのこうしたセンス、感覚が日本に来ると、森田公一とトップギャランの大ヒット曲「青春時代」になるんだろうと思う。泥臭くて演歌っぽくて。「あとから、ほのぼの、思うもの〜〜」なんて。

 ポール・無残。

 あっ、ASKAさんって、表声と裏声を同時に出せるんだって。すごい。

calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM