<< 時の川に浸食されて〜グレッグ・レイク追悼 | main | 5万人と50人〜ボブ・ディランの受賞スピーチ >>

スポンサーサイト

  • 2017.02.06 Monday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

一定期間更新がないため広告を表示しています


「コールドケース」と脱亜入欧

 この時期、WOWOWでは「コールドケース」の日本版を放送しながら、元祖、本家の米国オリジナル版も一挙再放送している。昨夜は日本版をじっくり見た。ドラマの出来も、吉田羊さんら出演者の演技もよくて、いい作品になっていると思う。

 

 ところがドラマの最後の方で、エルビスコステロの「She」が流れてきた時、ガクンときた。違和感がありすぎるのだ。とたんにドラマが韓国か台湾かどっかアジアの国のイメージになった。

 

 「コールドケース」の日本版についてはいろいろ議論があるようだ。前にも書いたが、時代、歴史、社会背景が日米では異なり、同じようなストーリーでは無理があるのではないかと思っている人は多いようだ。

 

 「She」が流れてきた途端、オリジナルをつくった「米国」が、日本のアジア性を照射してしまった。普段、日本のロックバンドや洋物、洋風な娯楽を何の違和感もなく視聴していても、アジアのそれを見ると、妙な違和感に襲われる。

 

 欧米が認める、中には熱狂する現代日本の文化はある。けれどもロックやダンスやヒップホップなんかを、欧米人に見せたらどんな反応をするのか危惧してしまうことがある。日本がアジアに向けるのと同じ視線を浴びるのではないか、と。

 

 「She」が聞こえてきた時の違和感が、やがて何だか悲しい気持ちへとつながった。WOWOWが、日本版のスタッフ、役者が一生懸命やっているだけに、かえって空しさが漂う。

 

 もともと時代背景にぴったりの洋楽からこのドラマはつくられる。ジャズ、スタンダード、ロック、バラード……。歌詞は(もちろん)英語。元来がこのドラマ、洋物なのだ、「米国」そのものなのだ。

 

 昔、欧米のポップスを漣健児という人がうまく日本語に翻訳して、日本の歌手が歌っていた。あれはあれで成り立っていたと思う。坂本九の「グッドタイミング」とか、弘田三枝子の「ヴァケーション」とかね。

 

 一つ確実に言えるのは、誰かもどこかで言っていたようだが、同じ時期に米国オリジナル版と日本版をやるな、ってこと。離してやればまだいいのに。でも日本版で流れる洋楽はどうしようもないか。

 

 「She」はもともとシャルル・アズナブールの曲で、彼の歌ったのももちろんすばらしい。その名曲のイメージがこわれかけた。寒い。冷たい。私の「コールドケース」だ。


スポンサーサイト

  • 2017.02.06 Monday
  • -
  • 14:37
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM