<< 月に叢雲大笑い | main | 静かな実況 >>

テレビスポーツ教室かい? 五輪中継

 羽生、宇野両選手おめでとう。昨日のショートでネイサン・チェンがこけた時点で、羽生選手の勝ちと見ていたが、その通りになった。「五輪の戦い方を知っている」という羽生選手の圧力に、チェンがやられた。演技で得点を競う競技だが、目に見えない戦いがある。まさにスポーツは、殺るか殺られるか、つぶし合いなのだなあと思う。

 

 さて、カーリングの実況を見て思うのだが、アナウンサーがうるさい。のべつ初歩的なカーリングの規則をしゃべりまくっている。見ている人みんなもうわかってるよ。石崎さんの解説もっと聞きたいよ。他の競技でもそうだが、規則ばっかりしゃべってるアナウンサーってほかに知識がないから、実は詳しいネタがないから、時間つなぎにルールを解説する。わかってる人はもうわかってる。わからない人は聞いてもわかりません。だから意味がないんですよ。

 

 それとワイドショー、ニュースショーでスタジオのメーンキャスターと現地の解説者のやり取りで、タイムラグでイライラすることの多いこと(五輪だけじゃないけど)。解説者の話が大事なところに差し掛かると、キャスターが質問して、タイミングがかち合って、両者が黙り、またかち合う。その繰り返し。キャスターは少しだまって解説者のいうことを聞きなさい。

 

 この前、ある司会者が「私しばらく言わないので、お願いします」と現地解説者に振って、すごくよかったことがあった。視聴者のことを考えている。羽鳥さんだったかなあ。ほかのことではかなり首をかしげざるを得ない人だが。自分の口数が多いのが仕事をしているアピールになると思ったら大間違い。辛坊治郎氏までこの点、今朝はだめだった。佐野さんにしばし言わせなさいって。

 

 上記に共通して言えるのは、キャスターとして「視聴者にわかりやすく伝えるため」という間違った考え方、えらそうな姿勢、根本的な妄信、そして人がわかりやすく伝えれば人はわかるといった「信仰」があるのだと思う。そんなことはないのだ。人から人に何かが正しく伝わるって、かなり難しい。至難の業といってもいい。あるいは視聴者、国民を素人とバカにしちゃいけない。みんな知ってるって。で、繰り返すが、知らない人はどう解説されても知らないって。

 

 羽生が演技に入る直前、右手でつくったかたちは、キツネ。フォックスゴッド。まさに陰陽師、安倍晴明。例えば、優勝後の羽生の言葉を、誰かが代弁してしゃべって、彼の言わんとすることが正しく伝わるだろうか。羽生の口から(テレビ中継ではあっても)直接聞かないと、意味がないのではないか。

 

 NHKのスタジオの総合司会みたいなの、だめだね。男も、不手際で、かんでばっかし。ベテランそうなのに。昨日なんか、女子ばっかりで、そこら辺のガールズトークだもん。で、「陣内さんいかがですか」状態ばっかり。専門外の人に聞いてもしようがないでしょう。

 男女差別するつもりは毛頭ないが、スポーツについて同じぐらいの知識しかない男女のアナウンサーがいたとして、男性はしゃべりが仮になんとかなったとしても、女性はいかにも知らなさそう、付け焼刃、無理してるって感じがするのは、なんでだろうなんでだろう、なんでだなんでだろう〜お〜お〜。

 

 あっ、今NHKの男が、「途中ですが」って神妙な顔で言ったので、何か重大な事件か事故でもあったのかと思ったら、羽生、宇野両選手が現地のNHKのスタジオに来てくれたのでインタビューをお送りします、だって。もっと明るい顔しろよ! 小さいことのようで、大事なことだと思う。「伝える」ことが仕事でしょう。言葉だけでなく、表情でも。やっぱりこの人、わかってない。

 

 実際スタジオでインタビューしてるアナウンサーは、いいなあ。いい質問して、いい答を引き出している。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.08.18 Saturday
  • -
  • 21:33
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM