<< 常套句の催眠術 | main | スペクターサウンドの機微 >>

問題だけで答なしが問題

 日本の今の時代のヒット曲を聞いて、なぜ物足りない感じがするのか、考えた。問題提起にはなっていても、答がないからだと思った。歌に問題提起か、といわれるかもしれないけど、どんな音楽でも、あるいはどんな作品(文学、美術、映画その他)でも、問題提起と答、という構造があると思う。答の方は音楽でいえばサビとかカタルシスとかと似ているが必ずしも同じではない。また問題提起イコール答という場合もなくはないと思う。

 

 日本の昔の歌は問題提起に必ず答があった。昨夜、脳ベルSHOWヒットスタジオを見た。つのだひろさんなんかお元気で今も声量たっぷり。そしてたとえば橋本淳・筒美京平コンビの作品などに接すると、問題提起と答がちゃんとあると思う。今の時代のヒット曲にはそれがない。問題だけ出されて、最後は突き放される。欲求不満で、寂しく、空しい。問題提起したのはそっちなんだから、あとはちゃんと始末してくれよ、と言いたくなる。

 

 これは今の時代のテレビなどマスコミ報道でも同じではないだろうか。毎日毎日、「問題」の集中豪雨だ。答は示されない。永遠に先送り、というか担保もしない。投げ掛けっ放しの連続、奔流、堆積だ。目に見えない問題で飽和状態だ。

 

 だがしかし、それらマスコミによる「問題」は、実はないのだ。「現実」と同じように。その点で、音楽や芸術、いわゆる作品と呼ばれるフィクションは違う。問題提起はしている、だから責任取ってよ、ということなのだ。どうオチをつけるか、とりあえず決着させるか。現代の小説にもいえるが、あとは読者の感じ方考え方とらえ方という突き放しは、力量のなさだと思うべし。

 

 昔のプログレッシブロックのバンドでオランダのフォーカスというのがあった。ほとんどがインストルメンタルで、クラシックをよく取り入れて、抜群のテクニックとセンスがあった。その3枚目アルバムの中に「ANSWERS?  QUESTIONS!  QUESTIONS?  ANSWERS!」というのがあった。この頃のプログレには(だけでないが)問題提起と答がちゃんとありました。

 

 今日のNHKEテレ「日曜美術館」にロバート・キャンベルさんとジローラモさんが共演でびっくり。面白い取り合わせ。この日のテーマは建築・デザイン・機能的に見た日本の美術館。驚いたのは、ジローラモさんはなんともともと建築家だったのだ! 彼が言っていて、日本で暮らすようになって、それまで当たり前というか普通だったイタリアの芸術を見直した、価値を再評価したというのだ。うむ、なかなか。

 美人のソフィーさんという美術評論家も出ていた。帰りにジローラモさんが誘惑しないかと期待、いや心配したものだ。


スポンサーサイト

  • 2018.07.08 Sunday
  • -
  • 13:28
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM