<< 華丸氏の「オフサイド」最高!負けるな信用金庫! | main | 小さく揺れる枝 >>

謝らない、反省しない人

 書評欄で面白いのを見つけた。奥野克巳著「ありがとうもごめんなさいもいらない 森の民と暮らして人類学者が考えたこと」。文化人類学者の著者が、ボルネオ島マレーシア領の狩猟採集民プナンと生活を共にし、暮らしを観察した記録という。ノンフィクション作家の中村安希氏が評者。

 

 ----プナン社会では「ごめんなさい」と言わないそうである。過失を反省するという習慣がない。四六時中謝ってばかりのわれわれからすると、ちょっと理解の範囲を超えている。と、しかしここで、著者はこう自問する。私たちは、どうして常日頃からこんなにも謝ってばかりいるのか。反省するという人間行動とはいったい何なのか、と。

 その過程で、それぞれの社会が持つ時間や善悪の観念の違いを突き当て、ある疑念へと行き着く。よりよい未来と成長を追い求めて常に反省を強いる私たちの社会、向上至上主義への問いへと…。

 プナンは反省しない。感謝もしない。向上心もなければ、学校教育にも無関心。時間の観念や方位方角、貸し借りや所有の概念もなく、----

 

 と、ここまで読んで最初に思うのは、いいなあ、と。これが人間本来の姿、これが「自由」ということではないか、と。ところが、センテンスの途中から続けると

 

 ----一方で地位や貢献度に関係なく、獲物の均等な分配には執拗なまでのこだわりを見せる。「ケチであってはならない」という共同体の価値観を体現するリーダーは、誰よりも質素でみすぼらしい身なりをしている。こうしたプナンの姿勢はどれも、私たちの姿勢を問うてくる。----

 

 うむむ。いわゆる原始共産制社会なのか。だとすると、上記の「自由」って? 共産制を維持するための手段なのか。学校教育はともかく、「時間の観念や方位方角、貸し借りや所有の概念」は、むしろ自由のための手段ではないのか、とさえ思ってしまう。

 

 この本、そして書評者は、とても貴重な問題提起をしてくれたのだと思う。でも決して謝らない、反省しない人間が同じ職場にいたら、頭に来るよね。そういうのが根性と勘違いされて、出世したりするからね。現代日本文明社会はやはりおかしい。

 

 


スポンサーサイト

  • 2018.07.08 Sunday
  • -
  • 10:54
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM