<< 宇宙の田舎 | main | マタンゴ! >>

頭蓋骨と若さ

 お医者さんから「立派な骨されてますね」と言われた。そんなこと言われたことがないから、びっくり。あっ、でも待てよ、昔若い時に一度言われたことあったかな。骨が立派、骨が丈夫ってどういうことなんだろう。調べてみた。出て来るのは骨粗鬆症とか骨密度といった言葉ばかり。でも、とにかく骨が丈夫なのはいいことらしいということはわかった。

 

 歳より若くみえるともよくいわれる。確かに公務員や銀行員だった同級生たちには老けてるのが多く、彼らよりは見た目が若いつもりだ。驚いたのは骨とも大きな関係があるということ。歳を取れば、あるいは骨が弱ければ、頭蓋骨も小さくなってくるんだとか。その結果、顔にしわが寄ったり、頬の肉が垂れ下がったりするのだという。頭蓋骨が丈夫さを保っていると、顔の皮膚にも張りがあるのだという。

 

 自分の頭蓋骨! 自分の骨! 自分の骸骨! 意識したこともなかった。でも考えてみると、今この瞬間も自分の骸骨が歩いたり、動いたり、活動してるわけだ。なんだか気持ち悪い。もちろん骨の上に筋肉や血管や皮膚があって、人間の形をしているのだが、骸骨が行動を共にしていることも事実だ。

 

 骨や骨髄は意外に重要な役割をはたしていると、テレビで聞いたことはある。自分の骸骨は何を考えているんだろう。何も考えていないといえるだろうか。ホットプレートのコンセントに間違って触って、感電しかけたことがある。ゆるいリズムの周波数で衝撃が伝わったような感覚があった。あの時、自分の骸骨が光っただろうか。

 

 自分の骸骨にふさわしい生き方を、その上の血肉や神経はしているだろうか。今年は変なことばかり考える年になりはしないだろうかと心配。年越し、正月と骨休めをしすぎたせいだろうか。人間は誰でも、骨を折り、どこかに骨をうずめるのだろうか。身体的には骨が丈夫と言われたが、「骨のある人間」といわれたい。あっ、この歳で、もういいか。


スポンサーサイト

  • 2019.03.19 Tuesday
  • -
  • 15:53
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM