<< 「平成最後の」だから何? | main | テレビは言語的メディア >>

20世紀初頭のロンドンの心霊探偵コンビ

 BS12(トゥエルビ)で興味深い番組=海外ドラマが始まった。金曜日夜放送の「フーディーニ&ドイルの怪事件ファイル〜謎解きの作法〜」というので、天才奇術師のハリー・フーディーニと、「シャーロック・ホームズ」の作者コナン・ドイルが、20世紀初頭のロンドンで起こる事件の謎を解明していくという内容。昨年スターチャンネルで放送し好評だったらしい。

 

 実に不思議な、神秘的な事件が発生し、どう解決していくか皆目見当がつかないが、最後は明快な結論に導く。考え方生き方の対照的に違う二人の推理が絡み合っていく。ともに捜査に当たるロンドン警視庁(スコットランドヤード)の女刑事もなかなか魅力的。コナン・ドイルは後半生、心霊現象とか神秘主義の研究に傾倒したというから、このドラマの設定はぴったりだ。

 

 ホームズのシリーズは古いのからカンパーバッチのから「エレメンタリー」まで、アガサ・クリスティのポアロシリーズもずいぶん見たが、これらに勝るとも劣らないドラマづくりだ。

 

 フーディーニは実在の奇術師で「脱出王」の異名を取った。超能力、心霊術に最初は傾倒したが、その後はそのいかさまを暴露するサイキックハンターとしても知られたという。

 

 テレビはこうした海外ドラマの逸品をどしどしやってほしい。報道、ジャーナリズムはもういいから。BS大好き人間。


スポンサーサイト

  • 2019.01.18 Friday
  • -
  • 20:55
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
トラックバック
calendar
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< January 2019 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM