医師の疎通

 WOWOWのドラマ「グッド・ドクター〜名医の条件」は興味深い。フレディ・ハイモア主演で、自閉症だが天才的記憶力を持つサヴァン症候群の青年医師ショーンが、膨大な医学の知識を駆使して大病院に旋風を巻き起こす、というもの。

 

 何よりフレディ・ハイモアの演技力というかキャラクターが抜群なのだが、普通はあり得ないと思われる自閉症の医者という設定が浮かび上がらせるのは、現代におけるコミュニケーションとは何か、コミュニケーションは十分図られているかという問題だ。

 

 自閉症の主役は、当然ながら他の医師やスタッフ、また特に患者の家族などとうまくコミュニケーションが取れない。患者に、とりあえずは言ってはいけないこともいう。「あなたはガンだ」とか。ところがドラマでは患者本人は意外に反応はいいのだ。

 

 それは言葉、会話を通してというより、ショーンの真摯な態度(真摯にしか向き合えない、嘘が言えない)を患者が肌で感じるというか直感でわかるというたぐいのものだ。これは患者だけでなく、後見人みたいな院長、そして仲間先輩の医師も徐々にそうなってくるのだが。

 

 そこで問題になるのは、ショーン以外の医師やスタッフは実によくしゃべり合い、コミュニケーションが取れているように一見みえるのだが、実はなんも取れていないということなのだ。そして意外にもショーンがホントのコミュニケーションを取っていることなのである。

 

 現代は情報過多といわれるが実は真に有益な情報が得られることは少ない、といわれてからもう久しい。さらに昨今はナマの人間同士の会話でもコミュニケーションが図られていないし、メディアを通しても、コミュニケーションはブレークダウン状態だ。

 

 マスメディアだって厳正な事実より、憶測や願望、思い込みの情報ばっかりではないか。同じ電波でドラマや何やフィクションを流しているメディアが、ニュースやワイドショーで事実を伝えることは本来、本質的にできないことなのだ。それはフィクションなのだ。

 

 かつて三島由紀夫氏が新聞を「出来の悪い文学」と見抜いたように、テレビは出来の悪い映画・ドラマなのだ。真の情報、真のコミュニケーションがどんどん減少していく中で、それによる犠牲者はどんどん増えていく。世間的に被害者と呼ばれる人にも、そして加害者と呼ばれる人にも。

 

 あらゆるジャンルは人間の一生のように、生まれて成長して全盛期を迎えて衰退期を経て死ぬ。ところが実物の人間はホントに死ぬからいいのだが、ジャンルは死んでもその残骸は存続するからやっかいなのだ。

 

 このジャンルには本当にあらゆるものが含まれる。政治、企業、会社、思想、芸術、文化、音楽、民主主義、平和。音楽でいえばジャズ、ロック、その他一時代を画した流行音楽。厳密にいえばクラシックもそうだが、とりあえずは一番生きながらえているように見える。どうせなら音楽でも美術でも文学でも、長く生き残っているように見えるものを愛好した方が被害は少ない。つまり偽物に毒されることは少ないだろう。

 

 実際、目の前の生身の人間が発する言葉より、スマホの字や画像映像に注意を向けている、そんな社会になってしまった。人間同士の会話も、実は自分が言いたいことを言うだけで、相手の言うことに注意深く耳を傾けていることは少ない。みんながテレビのワイドショーのようになりつつある。真実は、CMの後で! なのだ。


ピョートルのモーツァルト最高!

 

 最近頑張ったので自分へのご褒美に久しぶりにCDを買った。ピョートル・アンデルシェフスキ(ピアノ&指揮)、いわゆる弾き振りのモーツァルト、ピアノ協奏曲25番&27番である。特にモーツァルト最期の年の作品、最後のピアノコンツェルトの27番が好きで、ピョートルがどう解釈して演奏しているのか、興味津々だった。

 

 真嶋雄大氏によるライナーノートによれば、アンデルシェフスキは「コンツェルトに関しては、モーツァルトに並ぶものはないと位置付けており、終局的に自身が回帰するところはモーツァルトのピアノ協奏曲と確信している」という。そしてこのように演奏を表現している。

 

 ----鮮やかなピア二ズムを展開している。清冽なタッチからは薫り高い気品が立ち上がり、潤沢な音楽性と厳格なコントロールはモーツァルトの核心に迫る。後期作品に見られる雄渾さと壮大なスケールを丁寧に読み解き、柔和な緊迫感と、端正かつ内的な強靭さを携えた風格は、歩んでいく道程に生命の灯をひとつひとつ燈すようでもある。----

 

 まさにこの通りだと思う。正確で美しい言葉、文章で、アンデルシェフスキのモーツァルトを言い尽くしていると思う。

 

 日本の誰だか忘れたがピアニストが「モーツァルトはシンプルで難しい」と言っていた。当たり前だ。シンプルこそ難しい。だがモーツァルトはただのシンプルではないのだ。アンデルシェフスキは、わかっている。そう思った。


怠けるを探せ!

満月

 

 今宵は満月である。久々に午後ウォーキングして、シャッフルで音楽を聴きながら歩いていたら、ちあきなおみ「紅い花」がかかった。ちょうど歩き始めて30分ぐらいで脳内快楽物質が噴出していた。歌のサビのところでブワーンと何かが爆発した。コリン・ウィルソンの言葉でいえば「至高体験」だ。久々だった。

 

 夜はNHKの歌番組で、AKB48の「365日の紙飛行機」を久々に聴いた。「明日頑張ろう」ってとこがいいよね。365日それを実践したら、永久に頑張らないことになるが、それでもいいじゃん。この歌大好き。

 

 テレビのCMなどで「夢は何ですか」とか「目標は何ですか」という問いがあるが、こういう質問が大嫌いだ。答の方も変だ。「毎日成長すること」とか。「運転免許を取ること」とか「歯科技工士!」とか。それって手段でしょ。質問はゴールを聞いてるのに。そもそも簡単にひと言では答えられない質問だ。「あなたにとって○○は」という質問と同じ。手間を省き、失礼ですらある質問だ。

 

 中学の頃、同じクラスの男子生徒が生徒会長選挙に立候補して、立会演説会で「努力という言葉が好きです。生徒会長になったら一生懸命努力することを誓います」と言った。終わってから、そいつに「それは公約でも何でもないだろ。努力するのは当たり前だろ」と突っ込んでやったら、黙り込んでしまった。先生方にはこういうヤツは受けるのだが、小生みたいないやな生徒もたまにいるからね。

 

 とか思ってたら、今NHKの歌番組で、なんと! シルヴィ・バルタンさんが歌っていた! あの効果音みたいなところを自分の声でやって、サービス満点。とにかくお元気で、おきれいで何より。うれしい。BSはともかく、地上波のテレビは質の低下にあきれ返っていたが、たまにはいいこともするね。

 

 満月の日は昼から、夜はもちろん、何かが起こる。


全ての人が神仏、己自身、その辺のエロ坊主も

 身近な人が死に、知り合いの人は小生を利用しようとしていたことがわかり、ちょっと落ち込んだ。そんな時、「宗像教授異考録」シリーズを読み返していたら、以下の言葉に出会った(再会?)。

 

 ----仏典によればブッダ入滅から、56億7千万年後に弥勒という菩薩が鶏頭山に現れて人類を救済します。

 

 ----時代は変わってもこの世に怒りの種は尽きない。神も仏もあるものかと嘆くことも多いな。

 

 ----全ての人が神仏だと考えよ。全ての人が己自身だと考えよ。

 

 ----人が死ねば”我”(アートマン)という霊魂になって巨大な光の渦に導かれる。”梵天”(ブラフマー)ーーー宇宙を創造した神。我(アートマン)は梵天(ブラフマー)の一部”梵”(ブラフマン)に戻る。

 

 ----梵天はなぜ世界を造ったのかーーー全ての人生を経験するためだ! 全ての人生の総体が世界だからだ!

 

 ----苦痛の中で死んでいく経験もあれば……それを鞭打って嘲る者の経験もある。修行を積んだ高僧も、その辺のエロ坊主も全ておまえさんと同じく我(アートマン)であり梵(ブラフマン)なのだ。善も悪もなく時間の順序もない。

 

 ----何百億何千億もの人として生まれ、喜び悲しみ、苦痛と死の恐怖、それぞれの人生を何千回何万回と生きて何千回何万回と死ぬのだ。----(第1集第4話「大天竺鶏足記」より)

 

 前に仏教関係の書物で接したことがあったような言葉だが、あらためて感じ入った。「全ての人が神仏、己自身」とはなかなか考えにくいが、だってあいつが神仏や己自身とは思いたくないが、でもその次元ではないのだろう。と、ごまかしてもだめか。己の一部とは、認めたくないけれど、考えてもいいのかな。自分は人を利用したりしないけれど。でも。

 

 少し、いやかなり気持ちが落ち着いた。


アメフトと略さないで!

 アメリカンフットボールの事件の報道に、いやんなっちゃった。「……というのが真実です」とコーチが言った。真実はあんたが決めることじゃないよ、「事実」でしょ?!

 

 会見を打ち切ろうとした広報担当もえらそうだけど、会見の記者の質問もひどいね。なんも勉強してない。ところで新聞社や通信社OBで大学なんかに天下り?してる人間も多い。その辺の実態を探る報道なんてできないのか。官僚もマスコミも一緒か。

 

 テレビのニュースなんかで「アメフト部」というのは、なんだかなあ。略さずちゃんと「アメリカンフットボール部」と言ってほしい。2秒も違わないでしょ。

 

 (反則プレーを)指示した、しないはどうでもいいんじゃない? そこまで選手を追い込んだ、追い詰めたのは指導者の責任でしょ? というか選手のプレーの責任は指導者にあるんじゃないの? 刑事事件としては監督の責任は問えないとか、関係ない!

 

 昔、上司に日大OBがいて、部下に東大OBがいてこいつができないヤツで、上司がいつも怒鳴りつけていた。日大がんばれ!

 

 関西学院大がんばれ! 日体大もがんばれ! 


息が粋だね

 昨夜のNHKEテレ「スイッチインタビュー」はおもしろかった。文楽の六代目竹本織太夫さんと中川家礼二さんの対談である。織太夫さんが礼二さんのファンで、ぜひにとリクエストしたとのこと。異なるジャンルの話芸の達人同士、話は示唆に富んでいた。

 

 織太夫さんが言っていた。自分のブレス(息)でやってはだめで、役の人物のブレスでないと、と。そして、人形、三味線とともに語りで観客の呼吸を支配することが目標だ、と。礼二さんに対しては「名もなき人々」の真似をするところがいい、と。

 

 いき、という言葉、大事だね。息、意気、粋、生き、行き、域、活き、閾、位記、そして逝き……か。人の一生だ。

 

 息、呼吸というのは話芸でもそうだが、書き言葉、文体でもそうだ。これのだめな、息苦しい文章がいかに多いことか。

 

 で、今朝新聞の書評欄を読んだら、呼吸以前に、内容のレベルの低さに驚いた。本もだめ、書評もだめ。時代は深刻だ。最近どこかのブログかツィッターで、新聞が大量の木材を消費しているのに、資源やエネルギー問題について、よくいうよ、と指摘していたが、その通り。もう紙の無駄遣い、やめたら?

 

 


テレビと人間

 今朝のNHK「あさイチ」に樹木希林さんが出ていたが、司会者もメッセージ・質問を寄せた視聴者も、根本的に樹木さんという人を間違って認識しているのではないかと思った。「飾らない」とか「時間や何やに制限されない」「仙人のような人」とか。ご本人が怒るのではないかとハラハラしたが、よくこらえて一つ一つにていねいに答え、話していた。マネージャーがいないから時間の管理も大変だし、とか。あさイチに出るのも大変だよね。何にもしばられない、とらわれない生き方なんてできるわけがない。そのわずらわしさと、この人ほど葛藤し戦っている人はいないのではないか。「夫が嫌いです」という視聴者の相談には、その分相手もあなたを嫌い、と答え、「欠点のない人なんていない」と言っていた。スケールが違うんだよね。NHKやメッセージを寄越した視聴者に言いたい。「ボーっと生きてんじゃねえよ!」。

 

 感情移入って何だろうと思う。「あさイチ」の前、「半分、青い」を見ていて、ヒロインより豊川悦司さん演じる秋風羽織に同情してしまう。こんな弟子というか新入社員、がまんできないだろうなあ、と。これは演技力の差で、仕方ないのかなあ、と。誰かに同情とか応援とか思い入れとか、そんなのではなく、小説でいえば文体というか、それに乗って進んでいけるかどうかの問題。ヒロインがあまりにドジで無神経に見える。もしかしてキャスティングあるいは脚本の問題か。って話してたら、カミサンに朝ドラそんなに思いつめて見なくていいんじゃないの? と言われた。それもそうか。笑って見てればいいか。でも、たとえばストーリーでも、所詮ドラマだからフィクションだからと言っても、場面設定など無茶苦茶でいいわけでなく、最低限守られるべきリアリティってのはあると思うのだが。これも大人げないか。


木下忠司氏をもっとリスペクト

 ちょっと前だが連休の最初の頃、4月30日に作曲家の木下忠司さんが102歳で亡くなった。新聞の死亡記事で知ったが、「トラック野郎」の音楽もつくっていたのか。「水戸黄門」は知ってたけど。

 

 さっき「脳ベルSHOW」で、新聞のラテ欄のタイトルを隠し、そのタイトルを当てる問題があった。二谷英明氏ら出演者の名前ですぐわかった。「特捜最前線」だ。あの音楽も木下忠司さんの作品だった。オープニングのテーマミュージック、そして最後の「白い十字架」。チリアーノの哀切なヴォーカルがよみがえる。

 

 さらに思い出す。木下氏の作品でカンツォーネの女王といわれたミルバが日本語で歌った曲があった。とてもいい曲だった。タイトルを今すぐ思い出せない。調べるが、誰か知ってる人いませんか。

 

 それにしても、マスコミの扱い、小さく、少なくすぎないか。もっともっと取り上げられていい作曲家だと思う。氏は音楽というより映画音楽が好きなんだと言っていた記憶がある。あっちでいえば、エンニオ・モリコーネかな。

 

 あっ、ミルバが歌ったのは「二人の星」だったか、「夜空の星」だったか。絶対思い出してやる、調べてやる。


人間のプロはいない〜山崎努氏の言葉に感銘

 立ち読みは楽しい。思わぬ名言やインパクトのある言葉に接することがある。「サライ」に俳優の山崎努氏のロングインタビューが載っていた。

 

 氏は「人間はみなアマチュアだ。人間のプロはいない」という。思春期から進学、就職、結婚、出産、子供の成長・独立など、人生の節目、だけでなく出来事はすべて「初体験」であるという。人間は手探りで、試行錯誤でやっていくしかない、という。

 

 反論がありそうだ。結婚を二度した人はどうなのか。浪人して受験を二度した人は、就職を二度三度とした人は? でも、最初の結婚は一度だけである。受験も就職も。実際、一度だけだから人生の諸事をみんなすることができる。知らないということは強い。知っちゃったらあんな恥ずかしいこと、大変なこと、わずらわしいこと、できるわけがない。でもこの世には少なくとも恥ずかしさなんかを感じずに二度三度とできる人もいるらしい。

 

 挫折は何度もありそうだ。でも、こんな言葉を同じ誌面で見つけた。人生で試練があった時、それにがむしゃらに立ち向かわないで、脱力感でやり過ごす、そして、もしもこうなったらいいなあという願望をよわ〜く抱く。そうするとその願望がかなえられることがあるというのだ。

 

 これってわかるような気がする。いや、実際あった。なんだか神様や運に対する時も、作戦というか駆け引きが必要な気がする。目立たないように受け止めてやり過ごし、目立たないように希望を祈願するのだ。激しく、強く、大きな声・音を立てて、でなく、そうっと、さりげなく。


トントントントン宇宙の2トン

 昨日の鈴木大拙の言葉で、もう一つ思い出した。一番大きな言葉かもしれないのに、なんで忘れていたのか。ったくもう自分は。

 

 ----大拙がテーブルをトントンたたき(日野の2トンでない)、岡村さんに、この音をどこが聞いたかと問うた。岡村さんは、ただ「耳」というと違うといわれそうと思い、「全身」と答えた。大拙は、違う、全宇宙が聞いてそれが岡村さんに顕れたのだよ、と言ったという。----

 

 この辺は最新物理学にも通じそうだ。

 

 さて以下は山崎正和著「リズムの哲学ノート」の書評(安田登氏)から。

 

 ----そして「あらゆることは意欲でなんとかなる」という「自由意志の桎梏」に閉じ込められている私たちが、本当の意味で自由になるために、森羅万象に生成するリズムを体感しながら生きることを提案する。季節の変化を繊細に感じ取り、年中行事を丹念に営み、日常の些事を心を込めて行うことが、そうした感覚を研ぎ澄ましていくことなのだ、と。

 本書を読み終えて街に出ると、人波のリズムにも身体は共振し、自己が拡張していくのを感じられるだろう。----

 

 そう、リズムなのだ大事なのは。そして日常の些事。これは道元にも通じる。

 何事においても不調、うまくいかない時は、リズムに乗れていない、あるいは忘れている状態である場合が多い。時間、リズムを感じるような精神状態、なんら難しいことはなく、ただ感じればいいのだ。大森荘蔵氏は「時は流れず」と言い、時間はないのだ、意識はないのだと言い、そのことで自由を取り戻すことを逆説的に主張した。訓練すればだれでも二週間ぐらいでできるようになると書いていた。

 

 

 世界卓球選手権で国際卓球連盟はとんでもないことをやらかした。ルール破りの大会中の南北合同チーム承認だ。ルールに基づくというスポーツの根本を踏みにじった。平和のためにここはルールを変更して、というのはファシストの言いぐさであり行動である。スポーツの純粋性が政治の汚れた靴底に踏みにじられるのには怒りを覚える。

 

 日本女子も中国には勝てなかった。今朝のテレビで元全日本女子チャンピオンが「パワー」「回転」「スピード」の3要素を挙げて解説していたが、小生に言わせれば、というかあらゆるスポーツに言えることだが、「時間」と「空間」がいかに大事かということだ。中国との決勝でも、いやホントに中国選手に脱帽です。「時間」では、速い球だけでなく少し遅い球を交えて相手のリズムを微妙に狂わす。「空間」では前陣が多い中国選手でも、時には台から離れてプレーする。この辺が中国選手はうまい、すばらしい。ただ速いとか強いとか球のキレとかでなく、この辺が今後特に東京五輪への課題であり、これを克服すれば日本の金メダルはかなり見えてくると思う。

 

 それと選手のコメントで気になるのが「楽しんでプレーする(プレーできた)」の言葉だ。誤解されないかと思うんだよね。この「楽しんで」はもちろん飲み会やバーベキューなんかとは違うわけで、苦しい時もそれを上、外から別の自分が見ているような、楽しさに変える、というより楽しい側面にも気づきながら、ということだと思う。非常にストイックな楽しさ。ゲームをプレイ。修行を積んだ者だから味わえる楽しさ。だから簡単に言って、皆さんが理解できるような言葉、境地じゃないので。

 中国から日本勢で唯一の白星を挙げた伊藤美誠さんは、きっとこの楽しさを身につけ味わっていたのではないかな。


calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>
sponsored links
selected entries
categories
archives
recent comment
recent trackback
links
profile
search this site.
others
mobile
qrcode
powered
無料ブログ作成サービス JUGEM